ランナーにおすすめランニング書籍4選

グッズ紹介

はじめに

こんにちは、しろとらです。

あなたはマラソンの本は読みますか?

しろとら本棚の一部

昨今はSNSや動画でランニングについて気軽に調べることができ、とても便利になりましたね!

それでもまだ情報の詳しさは本に勝てないところもあります。

またウェブでの情報は玉石混淆なのに比べ、出版社から出ている書籍の方が情報の信憑性は高く、文字通り有料級の情報があるのも事実です。

一口にランニングの本といってもトレーニングメニューの本、選手の自伝本、月陸やランナーズなどの情報誌など沢山の種類があります。

しろとら
しろとら

ランニングの本を読みたいけどおススメは?

そこで今回は30冊以上のマラソンやランニングに関する本を読んだしろとらが、

何回も読み返すほど為になる本、運動習慣が無い初心者向けに読んでもらいたい本を紹介します。

確実に速くなるランニングの科学

速く走れるようになるには練習が大切ですがそれ以前に走ることに対する正しい知識がないと自分に必要な練習を行うことは出来ません。

正しい知識を持たずに間違った練習を続けると速くならないばかりか故障の原因になることもあります。

「走る」という行為は誰でも気軽に出来る分、間違った方法で自分に合っていない走り方で伸び悩むランナーが多いです。

確実に速くなるランニングの科学

確実に速くなるランニングの科学」はランニングに必要な「解剖学」、

「生理学」、「力学」の観点から速くなるの必要な知識を得ることができる一冊です。

他にも栄養素の基礎知識、休養のとりかた、故障への対処法やレース対策までもまとめてあり初心者からサブ3を目指すランナーまですべてのランナーが知っておきたい知識が詰まっています。

リディアードのランニング・バイブル

Qちゃんこと高橋尚子さんを育てた小出監督も毎日目を通していたという名著がこの本。

リディアードのランニング・バイブル

著者であるアーサー・リディアード氏は60から70年代にかけて数多くのオリンピックメダリストの指導に関わっており、そのトレーニング理論はすべてのマラソン・トレーニングの根底にあるといっても過言ではありません。

大学駅伝で有名な青山学院大学の原監督をはじめ今なお数多くの指導者にとって「バイブル」となっています。

マラソンに対する根本的な考え方を学ぶことができ、速くなる為に必要な知識が詰まっています。また、具体的な練習メニューも提案されているので自分の練習予定を立てるのにとても参考になります。

私もよく見返すので本棚の一番手前に置いてあり、いつでも手に取れるようにしてあります。

また、リディアード氏に師事した橋爪伸也さんが市民ランナー向けに解説したものがコチラの本になります。

コチラも非常に読みやすくすべてのランナーにとって為になる一冊です。

新しいランニングの教科書

これからランニングをはじめる人、走り始めたけど正しいフォームや故障で記録が伸び悩んでいるランナーにおススメの一冊がコチラ。

新しいランニングの教科書

著者である中野ジェームス修一氏は大学駅伝で有名な青山学院大学の駅伝部の指導にも携わっている一流トレーナーです。

ラン経験なしの女性が主人公となっており、マンガでのストーリーで目標達成までのノウハウがとても分かりやすくなっています。

初心者からフルマラソンを1年に2回完走したばたやんさんが運営している

海好きランナーのブログでも紹介されています。

世界一やせる走り方

名前の通り「走ってやせる」をテーマにした一冊がコチラ。

世界一やせる走り方

体脂肪がみるみる落ちる世界一やせる走り方からより効率よくやせる体づくり、食事が紹介されています。

「やせやすいフォーム」「いつ走るとやせる?」「走る気がおきない」などの疑問にも一流スポーツトレーナーの中野ジェームス修一氏が解説しています。

話題や疑問ごとに2ページほどの解説があって読みやすく沢山の知識が得られる良著です。

まとめ

以上おすすめ本を紹介しました。

どれもしろとらが何回でも読み返している本で、自信をもって紹介できる本です。

今後もおすすめの本があったら紹介していきたいと思います。

しろとら
しろとら

本を読んで正しい

知識をつけよう!

正しい知識の上に練習、休養、栄養があって走れるようになっていきます。

しっかり学んで目標達成に向けて頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました