【ランニングの心構え】速くなるために必要なこと

ランニングの心構え ランニング

初めに

せっかく走るのであれば速くなりたい

そう思う人は多いと思います。速くなる為には

・正しい練習(鍛錬)

・正しいケア

・正しい栄養接種

が大切になり、基本となります。

陸上経験のない私が社会人になってから走り始めて

フルマラソン2時間30分を切るようになるまでで学んでいった

経験を基に思うことを書いていきたいと思います。

速くなるためにひつようなこと

正しい練習

速く走るためにまず必要なのが何といっても練習

練習によって上げる要素としてスピード、スタミナ、スピード持久力が挙げられます。

スピードは自分の出せる最高速度です。心肺能力の向上や速筋の強化によって上げられます。

次にスタミナ。長い距離を走るのに必要な能力で心肺能力の向上、遅筋の強化によって上げることが出来ます。

最後にスピード持久力でこれはスピードを維持する能力で実質はこの維持できるスピードを上げることが

直接レースなどのタイム向上につながります。

これには酸素性作業閾値や乳酸作業閾値が関係していて体力面からのアプローチに加えて効率の良い

走り方、ランニングフォームなど技術面で向上をさせることが出来ます。

正しい栄養摂取

練習で身体に負荷をかけるだけでは速く走れるようにはなれません。

練習でダメージを受けた身体を回復させたり走るのに必要な栄養を正しく摂ることが大切です。

その為に必要なのはまず食事。

基本的に栄養は食事で摂ることが前提で食事で摂り切れない、また食事で摂ると

カロリーを摂りすぎてしまう場合などにサプリメントで補う形にするのが良いです。

食事は栄養を考え、消化に良く胃腸に負担をかけないものにすると消化吸収率が良くなり、

効率よく栄養が摂れるようになります。

また、鉄分不足による貧血や疲労で食事が十分に摂れない時、

減量したくて食事だとカロリーオーバーになってしまう時に

サプリメントやプロテインを上手に使うことで効率よく身体作りやコンディション調整をすることが出来ます。

このサイトではランナー向けの栄養についても紹介しています。

\\栄養についての記事はコチラ//

栄養学
「栄養学」の記事一覧です。

正しい休養

速くなるための過程で以外に疎かになりがちなのが休養。

陸上経験が無いランナーは真面目な方が多く、

練習は休まずやって疲労が溜まっていても無理して練習を強行してしまう人が多い印象があります。

練習で負荷をかけた身体は必要な栄養と必要な休養で超回復してより強い身体となります。

必要なのはまず睡眠。身体を休め、脳を休めるのに必要で寝ている時に出る成長ホルモンが

身体の修復に大事なのは聞いたことがあると思います。

次に体のケアとしてマッサージやストレッチ。

股関節や大腿部などをマッサージしたりストレッチで伸ばすことで

疲労回復や関節の可動域向上でストライドが大きくなり走力向上につながります。

最近はケア用品も色々ものが出ているのでまた紹介していきたいと思います。

これらに加えてアクティブレストとして軽いジョギングなど軽い運動することで

血流が良くすることで疲労回復が早くすることが出来ます。

\\初心者ランナー向けおススメストレッチの紹介はコチラ//

まとめ

以上私が考える速くなるために必要だと考える項目を説明しました。

練習、栄養、休養を目標のレースから逆算して

必要なことを継続していく。

足りないものを補うために行動して、時には目標に近づいているか

自分の現在地を確認し、必要なものを見直す。

そしてそれらは正しい知識のもとに行うことが大事。

正しくないと速くなれなかったり、故障してしまったりする。

正しい知識を持って自分の現状を知り目標から逆算して

練習をして必要な栄養をとって身体をつくり練習を継続できるように

身体のケアを行う。

速くなるためには練習だけでなく生活そのものを見直して

改善していくことが必要になります。

このサイトではその速くなる為に必要な情報、経験談を伝えていきたいと思います。

\\初心者ランナー向けの記事はコチラ//

初心者向け
「初心者向け」の記事一覧です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

\\初心者ランナーさんにはコチラのサイトもおススメです。//

ばたやんさんの海好きランナー

海好きランナーのブログ | 初心者からフルマラソン完走する
初心者からフルマラソン完走する

コメント

タイトルとURLをコピーしました